1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 私(楓子)の思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

冷たい女でしょうか


「グズグズ言わず、さっさと銀行からお金を引き出して用意しろ」←何かの犯人か(=∀=)

夫からはそう急かされていました

でも私は「直接現金を渡すより、お花でもお菓子でもお線香でもお経でも

弔いに使ってもらえるような何らかの形になれば・・・

それならばそんなに多くは要らないし、

相場より高い目には包むけど、本来の礼を尽くせばそれでいいじゃない

頼まれてもいないのに誰か(義姉一家)の生活の援助をするほどの余裕はないよ」

と言って躱していたのです

スポンサーリンク



「冷たいな、どうしてそんな冷たいことが言えるんだ?」


そう言われても、ますます大金を出すことに気が進まなくなりました・・・



これまで義母にはお小遣いやお歳暮といった名目のわずかばかりの気持ちに加えて

毎月少しずつでも仕送りできたらと夫と相談してきました

でも、金封の封も切らず、袋のまま義母が義兄に流してしまうのを見ては虚しくて続けられませんでした
(酷い時には、義兄の酒代となっていました)

義母の意志だからそれでいいのでしょうが、私たちはそういう目的で渡しているのではありません


以前からの読者様は、私が「お金がない、節約しなければ」といいつつ

親に贈り物をし過ぎなのでは、そこを省いて節約すればいいのに、と思われた方や

もっと現金や商品券で多額に定期的に仕送りするべき、という意見の方もいらっしゃるでしょう


品物であれば、義兄たちに渡さず義母本人の生活に役立ててもらえるのでは、と
使えそうな、遠慮や辞退せず受け取ってもらえそうなものを考えて贈り物にしてきたのです

でも、それさえムダでした・・・


黒色の衣類やバッグ、女性なら持っておいて損はない、重宝するはず、と選んだものでさえ
最も必要と思われる日にこのような用いられ方・・・


もう義姉たちには充分でしょう?周りの方がずっと生活苦じゃないんでしょうか・・・?


↓↓ 
にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



「おれたちが出さないと、また母さんが出すことになる

心身弱ってるところに金をたかられるんだぞ、どういう負担になるか考えてみろ!」

夫が怒りだしたので


私も

それはそうだ・・・どうせどういう形でもいつも同じ結果に行き着くんだ・・・

と諦めるしかありませんでした


結局そうなるってわかっているのに
出し渋るなんて、冷たい女ですよね

20170121175640e57.jpg 
↑↑
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2017.02.10 (金) 16:42
  2. URL
  3. 楓子
  4. [ edit ]

Re: 恥を知れ

>カギコメさん

コメントありがとうございます

義兄と義姉はもうずっとこれが当たり前なんです、恥を知っていたらこんなことになっていないでしょうね

体裁こそ整っていたけれど、お気の毒に、お疲れが出ませんように、という思い遣る言葉も聞かれない本当に無味乾燥なお葬式でしたよ

散々心配や迷惑をかけてきています、一部の親戚は、香典すら出し渋っていました
義姉がお返しは一切しない、次の機会に同額の香典を出して今後の付き合いで返してくれるだろう、といった期待に添うつもりもない、それで良い人は出してくれるものは受け取りたい、と公言したからです

虚礼廃止といえば聞こえはいいのでしょうが、それならば潔く一切ご遠慮します、と断るか
もらうからには気持ちだけでもお返ししたらいいのでは・・・、せめて挨拶に礼を込めるとか・・・
受け取るだけは都合が良すぎるのでは、と思いましたが、気がつかないんだからしょうがないです


それより!!!

おめでとうございます!!(∩´∀`)∩

本当に嬉しい、もう良い事起ってますよ、私にとってもうれしいことです

子どもたちが大きくなった今、子育てって神様の贈り物だったんじゃないか、って思うんですよ

他にも頂いているもの、あるんですよね、普段気が付いてないだけで・・・

大変なこともあるけど、きっと大丈夫、私も楽しみにさせて頂いていいですか?


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ

村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
読んで頂きありがとうございます!

プロフィール

楓子

Author:楓子
FC2ブログへようこそ!

スポンサーリンク

QRコード

QR

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。