午後のゆっくりDIARY 負の連鎖は切れない
  1. 私(楓子)の思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

負の連鎖は切れない

葬式費用の半額を負担したいと言う夫に、心底腹が立ちました

うちにそんな余裕はありません、余分なお金があるなら自分たちの老後や子どもたちのために少しでも蓄えたいのに、「借金しても」だなんて・・・

借金を甘く見るなー!!o(o・`з・´o)ノ


決して見栄っ張りではないのですが、夫は単純な性格で

困っていそうな人には手を差し伸べるべき、世の中に悪い人はいないのだから・・・
ニュースに出てくるような極悪人は滅多にいない、よほど環境に恵まれなかったのだろう・・・という考えで

何かにつけ、とにかく相手と揉めるのがイヤさに、そう信じ込もうとしているフシもあります

このせいで、今までどれだけのお金や労力が流れているかわかりません

私が病気を患い働けなくなって、うちにはお金がない、他人より自分の家族が大切、とやっと悟ってくれたと思っていたのに・・・


スポンサーリンク


私だってできるだけの真心や礼は尽くしたい、相場よりは多く香典を包むつもりでした

でも限度があります
人の事より自分の事です、長い間気づかなかったけど、
借金を負って返しているうちに
もっと自分の家庭の将来を見据えたやりくりをしなければいけなかった
それが自分の人生や家族を大切にすることと繋がっているんだ
と身をもって学習したんです


「多分義兄さんたちだって少なからず貯金があるよ、生命保険金が下りるとか・・・
それに、田舎だし香典がいっぱい集まったら黒字になるかもしれないじゃない?
保険や香典はこういうときのための互助システムなんだから、心配要らないと思うよ」

私が言うと、夫は

「なんて冷たいこと言うんだ?」

「そうじゃなくて、それが現実だよ」

「なら1/3、3割負担でどうだ?」

「そういう問題じゃないよ、助けてほしいと言われたなら考えてもいいけど
まだ何も言われてないのに・・・」

「言えないんだよ、何もわかってないんだな」


「そっちこそ」



↓↓ 
にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村





以前の私なら、情にほだされて、何とか都合をつけてしまったと思います

いえ、「やっぱり葬式費用は出してあげないと気の毒だもんね・・・」などと自らが言い出して
キャッシングにひた走っていたかもしれません


アル中で鬱病の義兄を義姉と義母が援助、それを陰日向から夫が援助するのが長年の慣習・・・

どなたかも言われていたようにすっかり共依存になってしまっているのです

私もその一環、の一端を担っていたわけですが

もうごめんです・・・

こういう関係は、決して義兄ばかりでなく、誰のためにもなっていなかったのではないか、とさえ

今は思うのです


↑↑
関連記事


  1. 2018.06.22 (金) 23:28
  2. URL
  3. 楓子
  4. [ edit ]

Re: 想像でしかありませんが



コメントありがとうございます。返信が遅くなってすみません。

そうかもしれませんね、いろいろありますね、義実家には義実家族の関係があるので、理解できないことが多いです。
うちは、義実家からの呪縛が強いと思います。

何をやっても報われないのでもう縁を切って欲しいです。関わるといつも泥沼。夫も気づいているのかそうでないのか・・・

家族がいちばん大切なのにね。

仰るとおりですね(T_T)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



応援よろしくお願いします

にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ

村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
読んで頂きありがとうございます!

プロフィール

楓子

Author:楓子
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -