1. 私(楓子)の思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

母が倒れました

母が倒れたという妹からの連絡があり、実家に帰っていました

寝込んでいましたが・・・

よく聞くと、病に倒れたというより、部屋の中のものに蹴躓いて転んだのがきっかけで
動くことはできるが、何かにつかまらないと立ち上がりや移動が難しい

身体を動かして家事をするだけでも疲れる、寝ているしかない、という具合でした

スポンサーリンク


そして、母はしきりに

「しんどい、何もできない・・・やる気が起きなくなった」と言うのですが

実家は私でも何かに蹴躓いて、おっと、アブナかった!!とよろけてヒヤリとなるほど、
床が見えないほどに物が散乱しているので
ついに
とうとう
この日が来たか・・・まだ骨折や捻挫をしてないだけよかったな、と思いました

(以前も外出時のケガで骨折した部分が家の中でも何度かぶつけてなかなか治癒しませんでした)


でも今回はあまり片づけることができませんでした

散らかりようが凄まじかったし
母から頼まれたことをやるのにも時間と手間がかかりすぎたんです



「〇〇がない」


買い物に行きたいというので、一緒に家を出ようとすると「カギがない」「財布がない」

食事をしたあと「お医者さんでもらったクスリがない」

目立つところだけでも掃除しようとすると

「この前から〇〇(アクセサリー、習い事のデキストなど)が見つからない

どこかにあるはず、ゴミと一緒に捨てられては困るから、そのまま置いといて」

何かをする度に何かが見つからなくて


↓↓ 
にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



財布がないときには、

「このバッグに入れていたのだけど無いのよ、違うバッグだったかしら・・・
でもそのバッグが見つからないのよね・・・」

そして「あー、やっぱり、このバッグでもなかった・・・

そうだ、この前、〇〇病院に行ったときに違うバッグを持っていたから・・・

あれ?どんなのを持ってた?楓子、憶えてない?あ、誰と行ったんだっけ?」Σ(ω |||)知らんがな!!

挙句、財布はみつかったのですが、中身がない!!

けど中途半端に残っているから、「盗られたのでもなさそう・・・・変ね・・・」

結局、習い事に小さいポシェットを持って行こうとして財布が入らず、自分で小さい財布に移したのを忘れていたらしい

その日の習い事を休んだため、記憶が薄かったようで・・・

カギがないときには
「どこかに落としたのかもしれないわね、
家に帰ってこうやって無事入れてるってことはそんなはずはないと思うんだけど・・・
お父さんに言うと怒るから大袈裟に探せなくて困ってるのよ」

これは、定番過ぎですが、ベストのポケットから見つかりました

その日はベスト、その上にジャケットを着ていたため、ジャケットのポケットだけ念入りに調べて、失くしたと思っていたそうです



「お母さんシッカリしてよ、ボケてるんじゃないの?」と軽口言おうとして

冗談にならんわ・・・、

と言葉を呑み込みました


今の母は父の病気でこれまでのことやこれからのこと、心労や疲労が溜まっているのかもしれません

14824763110.jpeg 
↑↑

なるべくお金を使わないよう生活のダウンサイジングを心掛けている私ですが

物を減らすことは物質的な節約に役立つのみならず

精神的にも良い作用があるのかもしれないです

モノが多過ぎると、整理、管理するのがどんどん大変になっていきます、年を取るとなおさら難しくなるようで
増える一方だと満足感転じてストレスになりかねないのですね・・・


関連記事



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ

村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
読んで頂きありがとうございます!

プロフィール

楓子

Author:楓子
FC2ブログへようこそ!

スポンサーリンク

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30