1. 私(楓子)の思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

節約の目的

すごく遅くなってしまって申し訳ありませんでした
ブログ移転前後からコメント見れなかったり返信できなくなっていましたが、先ほど返信させて頂きました、ありがとうございました

↓↓
何度か書いてますが、イヤガラセみたいな不快コメは公開しないし、目にしたらすぐ消してます、
もう私、そういうのを気にしないようになりたいので・・・

借金を重ねていた頃の記事を書いていた時、「恐ろしい、末は老後破産w」「自業自得w」みたいなことを言ってくる人がいたけど、w 付けるなよなー

人生の一時期に借金で苦しんでいたとしても将来どうかは、誰にもわかりませんし、
今も住宅ローンは抱えているけど、お金やいろんな問題も抱えているけど、誰もいつどういう借金を背負うかもしれないし
バカにしたり非難したり呪ったりということは、愚かしいし卑怯だと思います

少し前までは「この人の言うとおりなんだろうか、私はダメなんだろうか」と苦しめられていました

でも今言えるのは、失敗は取り戻せるし、〇〇はダメって自分で何かを否定して決めつけたり諦めなければ
違う方向に物事が開けて回り始めるということです

スポンサーリンク

借金は欲しいものを得るために、借金返済は何かの贖罪のために、節約はお金を貯めるために、やるものではなく
「しあわせになるために」

自分にとって何が幸福なのか、それを見失わなければ、途中道を踏み外しても回り道でも
いいやり方が見つかると思います


偉そうですみませんが・・・

20161113151845118.jpg 



陽射しが眩しいような病室で、私たち家族のこともわからず、ただ折り紙に没頭していた父と

辺りがすっかり暗くなっているというのに、光を発しているかのような生気溢れる父と

私はそれを憶えていたから、今回も父を病院から家に帰してあげたいと考えたのかな


私の将来は・・・そんなに大きな希望は持てません

海外旅行や悠々自適、ゆとりある老後などは縁がないかなー、ずーっとセコセコしてそう・・・
でも何年か後、何十年か後にも
ちょっとした楽しい時間を家族と過ごせたり、自分が夢中になって満足感が得られるものがあったりと
そんなささやかな毎日が続いていたらいいな

父と似ているのかもしれませんね


↓↓ 
にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



先日、夫と「真田丸展」に行きました

お好み焼きを食べて、映画「真田十勇士」を観ました

安くて遠い駐車場から歩きまくり

クーポン使いまくりで、ケチケチでしたが楽しかったです

20161113151800130.jpg 
↑↑
関連記事


  1. 2016.11.15 (火) 15:26
  2. URL
  3. 楓子
  4. [ edit ]

Re: 私も変わりたいです

(過去に失敗したことがあっても)今は違うという意識がある・・・

大丈夫!
それだけでも、もう貴方は前とは変わっていってるんだと思いますよ!

いつか、階段を登り詰めたときに、「あんな遠くのあんな小さなことだったんだなー」って

それに気づくには、歩みを止めてはいけないし、ときどきは振り返ってみる必要もあるけど
たまーに振り返ると、あらー、こんなに歩いて来たんだなーとか

しょっちゅう振り返ると、まだまだこんだけしか歩けてないって感じる

案外、そんな差なのかもしれないです


今回のデートはですね、実は全て歴史好きな夫の計画です、
私はクーポンを探したり、映画館の予約を取ったり、途中喉を潤すための飲み物を準備したり

展示は退屈で眠たくなったので、じっくり見てる夫を残して先に会場を出て大阪城を眺めていたくらいで


そんな感じのデートでも良いけどな、と思って頂けるようなら、今すぐでも何年か後にもきっと叶っているでしょう

夫孝行、ハードル高くないです(笑)

またコメントくださいね、ありがとうございました


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



スポンサーリンク

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ

村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
読んで頂きありがとうございます!

プロフィール

楓子

Author:楓子
FC2ブログへようこそ!

スポンサーリンク

QRコード

QR

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30