午後のゆっくりDIARY ありがとう・・・アンビリバボー5
FC2ブログ
  1. 私の思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ありがとう・・・アンビリバボー5

前記事からの続きです↓↓

お母さんと△子姉さんの話を組み合わせてよくわかった、
お父さんには叱咤激励してこのまま入院していてもらうしかないよね、との連絡かと構えていたのですが
違っていました

「・・・ありがとう」

「いや、そんな・・・わざわざいいよ、自分のためやもん
ションボリしたお父さんを見たくないし・・・
私の方が楓子姉さんにはありがとうって思ってるよ

お母さんも私も、▽子姉さんも、病院には長く居たことないんや
お父さんと一緒にごはんを食べたこともないし
だからお父さん、喜んでるやろなっていつも思ってて・・・」

「なっ、じゃあ何をしに行ってるの?」

「だからー
洗濯もの持って行ったり帰ったりで精一杯で・・・ほら、お母さんって人の世話とかしないタイプやし、居てもしょうがない、しんどいって言うし・・・
でもお父さん、病気だけじゃなくだんだん神経が参ってるんやないかな、って気にはなってた」

▽子には身体的にも精神的にも弱って家に閉じこもっていた日々があったから
父の辛さをわかっていたのかもしれません


スポンサーリンク


あくる日、在宅中気をつけることなどを先生に詳しく訊かなくては、と▽子が病院に行くと

父はいそいそと荷物を片付けて退院の用意をしていたそうです

先生が直接、
「家に帰りましょう、元気を出してください、次に娘さんがいらしたら退院できるように具体的な話をしますからね」

と約束してくださったらしく、急に表情も身のこなしも溌剌さを取り戻して
その日から検査結果も劇的に良くなり
看護師さんも、一時は話しかけても返事がなかったり受け答えがおかしくて意識が朦朧としているのかと心配だったけど良かった、もう大丈夫そうですね、
退院おめでとうございます、と言われ

こうなったら先生に直談判する、と息巻いて病院にやってきた母は
「ありがとうございます、お世話になりました」としか言えなくなってしまったそうです

というわけで、(ガンの元の部位は部分切除できたのですが)、転移個所は治療が中断になっしまっての退院、通院で暫くは様子をみましょうとなりました


・・・それからどうなったかって?

その後は診察の際に先生から、「別人みたいに元気になられましたね、見違えました」と
検査の看護師さんからは「お若く見えますね、病気やお歳に見えません」と褒められたと
父は上機嫌なのです

↓↓ 
にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村



そして、念願叶って?
畑や田んぼ仕事を張り切って・・・

いやでも、それはさすがに
意欲はあってもはや身体が衰弱して追い付いていかないようで・・・

私は、父を家に帰してあげて欲しい、と言った手前、手伝うことにしました
口だけで何もしないのはいけませんものね

幸い、力仕事は夫が引き受けてくれて(本当にありがたいです)無事、
実りの秋を迎えました・・・

20161107.jpg 



もうちょっと続きます


関連記事



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



応援よろしくお願いします

にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ

村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
読んで頂きありがとうございます!

プロフィール

楓子

Author:楓子
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -