午後のゆっくりDIARY 節約続けてます
FC2ブログ
  1. 節約続けてます
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

学費が払えた理由 3

実は、私、頑張って
と言えるほどではないんです、少しだけですが稼いでいました。
そのうち報告しようと思いながらも、ブログ村もブログランキングも「専業主婦」カテに登録していたもので、カテチだとか言われたり、バナーを貼り直すのが面倒だったので、すみません(*ノ∪`*)

けど結局、自分の体力が続かず・・・続けられませんでした。というのは、

父がガン闘病中に脳出血を起こして、高次機能障害が残り介護が必要な身となり、
要介護2から要介護4、ついに要介護5(寝たきり)に・・・
そしてその間に義母までが転倒を切っ掛けに脳出血、要介護2です・・・

精神的にもいっぱいいっぱいになってブログの方も
続けていられず休んでいたんです。

父の最期は自宅で私や母や妹たちで看護、介護をしていましたが、その甲斐なく
とうとう亡くなってしまいました・・・

暫く何も手に付かずぼんやりして虚ろに過ごしているうちに
母まで助けが必要な感じになって。

まだ50代と若かった義兄(義母にとっては息子)を突然亡くした義母、
年老いてもまだまだ元気だった父(母にとっては夫)を急に亡くした母、みるみる二人とも気力から
身体から、いろんな機能まで衰弱してしまいましたね。

それで、私も、すっかり実家、義実家と定期的に通う専業主婦に戻って、
ブログを再開して・・・はや三ヶ月が無事に経つかというところです、ありがとうございます。

スポンサーリンク

ずっと「専業主婦」の味方っていうか援護したく思っていました。
いろんな事情があって、または自ら選んで専業主婦で節約して暮らしていきたい人や

結婚しないで生きている人や、子どもがいない夫婦もいる。

私は「なんで働かないの?」と言われて(以前働いていたからそう言われるんだろうけど、病気で、とか言いづらい)、
妹たちは「なんで結婚しないの?」「なんで子どもを作らないの?」と言われて、やっぱり
離婚したんよ、欲しかったけど子どもができなかったの、とは傷口が開くようで言いづらかったと思う。

そりゃあ、夫(妻)がいて子どもがいて仕事をしていてお金持ち、というのがスタンダードで立派でベストなのかもしれないけど
そうじゃない生き方だって、
その人なりに「将来に責任持って、周囲に迷惑かけず」←ここ大事!一生懸命やってればいいんじゃないかな、

といって遊んで暮らせばいいというわけじゃなく、何かしら自らが幸せになる努力は続けないといけないとは思うけど。違うかな。

話が逸れましたが

これまで、
自分へのご褒美、通勤服や美容代が必要、などと、何となく財布のヒモが緩んでしまったり
リボ払い返済でお給料が残せなかったりの私でしたが
今回ばかりは
その間のブログ収入も含め(ありがとうございます!)
全てを学費に充てることができました。
金額は、足して授業料一学期分ちょっと余るくらいです。

多くなかったからこそ大切にできたのかな、
というより、
借金を無くせたし、節約が板についた、
それが大きかったんですよね。

仕事の事は書きたいことがあるのですが、今度「専業主婦」のカテ登録を外したときに記事にしようと思います。


↓↓よろしかったらポチッと応援下さいね、いつもありがとうございます。おかげで更新できています。

*学費が払えた理由 4 に続きます




  1. 節約続けてます
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ブログで気をつけていたこと

台風一過。
昨日はすさまじい暴風雨で、家全体や窓ガラスがガタガタビリビリ揺れ、
締め切っているのにどこからかビュービュー風が吹き込んできて「ええーっ!?」
隙間風すら強風(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
窓の外は、木が折れているのが見えて枝や何かの破片が吹き飛ばされて激しく宙を舞っています。いつ何がぶつかって、ガラスや壁が破損してもおかしくない。恐怖でした。

やっと風が止み出した頃、夫が「そろそろちょっと見てくる」と。

「川や海の様子を見たいの? やめてよ、危ないよ」と止めたのですが、聞かないので
「じゃあ気をつけてね、牛乳でも買ってきて」とおつかいミッションを頼むと喜んで出かけていきました。

スポンサーリンク

というのは、夫は
「今日は家族の休日になったから、久しぶりに、皆で焼き肉でも食いに行こう」と朝からソワソワ外出したくてたまらなかったんです←小学生か(=∀=)

午前中は嵐の前の静けさで快晴でしたが、どこの店も休業。
「おっかしーな、飲食店って火曜日定休が多いのかよ、全然気づかなかったなー」
んなわけ、あるか、台風だよ、台風で休業なのよ(*ノ∪`*)

そして無事に帰って来た夫の話では、冠水している箇所や倒木、停電中の信号機がチラホラあったそうで、やっぱり目当ての焼き肉店は閉まっていた←諦めきれず自分の目で確認したかったのね?、
でもコンビニより牛乳が安いドラッグストアが開いてたよ、と私には持てないくらいの大量の牛乳を買って来てくれて、ミッション完了が満足そうでした。


前記事よりの続きですが・・・

その後いろいろあって(飛ばしすぎ?)、ブログを始めたのですが

これまでの失敗の反省も含め
書くことで確かに生活が変わった手応えを感じました。

ひとつは、借金がリバウンドせずに節約が続けられたこと
(皆様のおかげです、感謝です)

もうひとつは、夫が変わったこと
正確には、夫に対する私の理解?意識?が変わったのかな。

私の気持ちが荒んでいて不平不満が多過ぎたのかも?、と気がつかされて
お給料をもっと感謝しないと、という専業主婦ならではの謙虚さ?も発動し
できるだけ(これでもよ(´∀`*;)ゞ)悪く書かないように
良いところを見るようにしていましたら

いつのまにか、ちょっとした頼み事を快く引き受けてくれたり日々の細かい節約を心がけてくれて
(上記のようなミッション)
生活が楽になったんです、感謝って大切ですね

相変わらず上手くいかないときはケンカもあるけど、←人間だもの
それでも

節約は一人で頑張るより、二人で頑張る方が絶対にいい!
相乗効果大きいかも♪とわかってよかった

夫の愛すべきアホさを、ムカムカ吐き出す闇思考ではなく、徐々に淡々と書ける(見れる)ようになったと思う、ブログはその訓練?

夫婦がどんどん険悪になっていては老後資金が沢山あっても楽しくないので、やっぱり夫を悪く書きすぎないよう気をつけていなくちゃね (これでもね(´∀`*;)ゞ)

↓↓よろしかったら応援くださいね、いつもありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ



ニュースを見て、うわあ、そうだよなあ、あの風だもんなー、と60年ぶりの強烈台風が残した爪痕に驚いています。

関西空港、連絡橋含め復旧まで時間がかかりそうですね。

台風の進路に当たる地域の方、既に進路が逸れた地域の方もまだ危険が完全には去っていないようなので、注意して無事にお過ごしください。

被害に遭われた方の回復をお祈りしています。

読んで頂きありがとうございました

15361253270.png


  1. 節約続けてます
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

悲劇のヒロインになっていた

その後、なんとか退院できたものの
頭の中は借金返済、生活費の工面、これからどうするのか?
何もできない・・・という憂鬱。
自宅で安静にしつつ
しんどいながら家事をこなす毎日でした。

スポンサーリンク


せっかく少しばかり減らせたリボ残高ももう減らすことはできなくなった。

貧困からも抜け出せない、

できることは節約だけ・・・

その頃の私が、ブログを書いてたら、悲惨な泣き言で同情を集め、それなりに人気だったんじゃないかと思う・・・

通院は続けていたけど
一年も経たないうちに担当医から匙を投げられて、
「思ったような結果が出ない。これ以上続けてもムリそうなので、紹介状を書くから、可能性のある他所の病院に移って欲しい」と奈落の底に突き落とされた。

夫は「おれが直接、先生に文句を言ってやる、必ず治す、治せる、治るまで面倒見る、任せてくれと言ったくせに!あのヤブ医者!!訴えてやる!!」と怒っていたけど、私はそれを止めた。
そんなことしても、結果は変わらない・・・

紹介状の病院が遠かったので、知人の伝で、
テレビによく出るような有名な病院を退職された先生が独立開業してやっているという小さい医院に通うことになったけど、やっぱりなかなか良くならず
私は毎日泣いてばかりいた。

何を見ても涙が出るんだから仕方ない・・・

診察時に先生が検査結果を説明してくれるんだけど、「うーん、もう少しこの数値が良くなるといいんだけどね」
するといろんな数字がぶわっと滲み、プリントされた紙の上にさえポタポタ涙が・・・

「泣いたらダメですよ。僕が診ていた患者さんでタカラヅカの娘役さんがいらしてね、
それはもう誰もの目を引くような綺麗な、キラキラと才気溢れるお嬢さんだけど、今の貴女みたいによく泣いていた。もうトップになれない、目指せない、と・・・」

「可哀想・・・先生、仰りたいことわかります、その方の悲しみの方が余程大きい・・・けど私は、
私なんて若くもないし、夢もない
ただ、ふつうに、(借金がなく貧乏でなく)当たり前に生きていたい、それだけ・・・うっ・・・うっ・・・そんなちっぽけな願いが叶わない」

「元気を出して頑張りましょう、
自分でそう思ってしまうのが一番いけない。

これからいくらだって夢は叶えられるんです

そのお嬢さんにも
踊ったり舞台に立つのは諦めても、美しさや今までの努力が輝く時がきっと訪れる、
女優やキャスターという道もある、
泣いてばかりいては輝かないんだよ、と励ましたんです、貴女もそう思われるでしょう?」

「はい・・・そう思います
彼女も私もいつか・・・美しさを輝かせて(いつのまにか同調している)

立派な女優に・・・あ?!いえ、違った、(//>ω<)
彼女にはそうあって欲しいです、
私はそんなんじゃないですけど!!(恥)」

「いいえ、女優でもなんでも目指していいんですよ、
貴女もまだまだ若い、才能もある!」←ええ先生や~

私は噴き出しそうになった

そりゃあ先生から見たら私は若い、けど才能はね…そうか、今なら、案外と問わず語りに素で悲劇のヒロインなら演じられそう、
いや、もうなってる、まるでどっぷり

気づいて認めると肩の力が抜けた、なんだか久しぶりに
「そこまで仰るなら、今から頑張ってみますか」と冗談が言えてしまった。

そしたら先生が
「そう、その意気。
そのお嬢さんの目の大きさや肌の白さといったら、お人形みたいでね
その目からぽろぽろ涙がこぼれて、止まらないわけ
だから、言ったんです、気休めにならないかもしれないが、統計はないけど、僕の経験から、綺麗な人が患いやすい病気です、そこまで悲しむべきでもないと思うんですよ、って」

「えっ、そうなんですか、じゃあ、彼女は仕方ないとしても私にはもったいないような病気だったんですね、もう泣くのはやめます」
今度は本当に泣き笑いになってしまい・・・

ほんまはそんなん嘘や、嘘の方便や、とわかっていたけれど・・・

そのタカラジェンヌさんも、先生いったい何を言い出したのか、と一瞬キョトンとなって、そしてやがて、 涙を止めたい一心で出たであろう先生の咄嗟の冗談?逆の発想?に気づき
そのときばかりは、泣き笑いされてたんだろうな、と思えて・・・


ちょっとのユーモアがあれば、自ら

悲劇のヒロインを脱して、人生のヒロインに戻れるのですね
↓↓よろしかったらポチッと応援下さい、いつもありがとうございます
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ



また台風接近です
皆様、気をつけてお過ごし下さいね

子ども達、夫も、今日は休みになったんだって

ちょっと安心だけど・・・

お昼ご飯何にしようかな




  1. 節約続けてます
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

だんだん心が荒んでいく

前回よりの続きです

入院中の私は、子どもたちと夫が心配で
外泊願いを出して、許可が出る限り、休日や週末に帰宅しては(検査や先生の巡回がお休みなのです)
まとめて家の用事を片付けていました。

スポンサーリンク

週日は、夫が特製節約料理と称して、
経済的にはいいけど味や栄養的にはどうなのか、というような食事を作ってくれていたらしいです。

でもなー、

育ち盛りの子どものことも考えてあげてよ・・・

義実家と趣味には躊躇なく大金のヘソクリを使うくせに何でそこ?
どうして子どもたちの食事で倹約しようとするのよ、

親としてどうかしてるわ、と不満だった。

そう言えば・・・、と

2回目の入院時に夫が看護師さんから注意されていたことなども思い出されたり。

「貴方ねー、この前から夜遅くまで話し込んで何事かとつい聞いてたら、
よく面会に来られる良いダンナさんだとばかり思ってたのに何なんですか?

深刻な話は奥さんが回復されてからにしてあげられないんですか? 病院は病気の人が休むところなんですよ」って呆れられてた。

当時、また義兄の問題で、夫は相談?報告?にしょっちゅう病室に来ていて、
しかも義姉からも催促のような電話があって、
私は病院で神経が疲労し身体を休めるどころじゃなかったのだった。

自分を不幸とは思わない、思いたくなかったけど、
この時も、あの時も酷かったな、

いつも家族への思いやりが欠けている、怒りっぽくてすぐブチ切れるし、と
夫への不満や恨み言を募らせ、

退院してもしばらくは仕事もできそうにないし、借金が返せる手だてが思いつかない、
どうしてこんな惨めなことになったのか、子どもたちはどうなるのかと
こんな悲しみや不安とは到底無縁の裕福な友人を羨み、 

思考が闇化して、どんどん心が荒んでいったと思う

今だからよくわかるけど その数年間はマトモじゃなかったよ 


いろいろとね、ブログには一部だけ、これでもソフトフォーカス( /ω)に書いているのです
わざとぼかしたりフェイク入れてたり…

なので、全体をみると 細かいところが違っていたり、多少重複してたり分かりにくかったりしています 

とはいえ最近は、そろそろ時効案件よね、と結構明け透けに書いてきているかな 
ホントはもっと書きたいこといっぱいあるけどね(´▽`;)ゞ 

大筋では矛盾ないはずですが・・・

あまり克明に語ると身バレに繋がるので 
熱心に読まれていて 当ブログの内容について
不整合や曖昧さが気になるという方は 

申し訳ないのですが、その点は事情を汲んでご容赦頂きたく… 

お願い致します

いつも読んで頂き、ありがとうございます

*続きます

↓↓ポチッと応援頂けたら嬉しいです




  1. 節約続けてます
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

半分以上、離婚したい!

タイトル、朝ドラみたいですが (*ノ∪`*)

夫ともうやっていけない、何度もそう思ったときがあります。 

三度目の入院でしたが、寸前、身体が思うように動かず、日常生活がやっとになってきたけど、休み休みでも稼ぎたいから仕事は続けようと思っていたんです。
けど、他の方の迷惑になるからやっぱり辞めた方がいいかな、と考え始めた。

それを夫は、職場の人と合わないので辞めると決めたのだなと思っているらしかった。
「充分に働けなくて迷惑に思われたら嫌」と説明したからその言葉どおりに受け取っていたようです。
あそこの人とは合わないからってすぐ辞めたんだよね、って今だにそう思われてる(´▽`;)ゞ 

スポンサーリンク








殆ど家で寝て過ごすようになっても良くならなくて、これは夏バテとか疲労過多とか更年期障害とかじゃないと漸く病院に行ったら 
すぐさま総合病院に行くように言われて
そのまま緊急入院になってしまった。

そのとき
お医者さんが 
「数値がすごく悪い、これではとても起き上がれないですね。
家事も出来ていなかったんじゃないですか?しんどかったでしょう。 
ご主人、奥さんはどんな様子でしたか?
こんだけ調子わるくておかしいと思わなかったんですか?」と付き添いの夫に訊ねたら

 夫は
「普通にしてましたよ、仕事もこの前まで行ってたし、昨日も一人で買い物に行ってた、
炊事や洗濯も問題なくやってましたよ!」と。

「買い物?いや、とんでもないな、
荷物持って歩いたりできなかったはず、
貴方が手伝ってあげてたんですか?」 

「買い物なんて僕は今まで手伝ったことは一度もありませんよ、 
車の運転ができたら荷物の重さは全く関係ないじゃないですか、そうだよなあ?」
と私に向かって言うので、先生はなおも

「持ち運びや運転さえ大変だったんじゃないかな 
奥さん、無理してたんです 
(貴方がそんなだから)言えなかったんですよ」と苦笑
 看護師さんからも失笑されていました

 ここは
ドラマやマンガだと 

「そんなに悪かったんですか、気がつきませんでした…(バカバカ、おれは夫失格だ…)」と項垂れたり 
「ごめんよ、わかってあげられていなかったんだね…(許して欲しい)」
と、奥さんを労り謝る場面なのに!!

んもーアホバカ、私が恥ずかしいわ!Σ(ノд<) 

それから私は移動も車椅子になって、 
なんかいろいろと管を繋がれてすごい重病人の有り様になって
絶対安静になってしまったのですが 
夫に 
迷惑かけてゴメン、子どもたちにも悪かった 
こんな母親の姿を見たらますます心配するし、
私も弱っている姿を見られたくないから、
子どもたちが来たいと言っても
しばらくは絶対に連れてこないで、 
それだけはお願い…
 息も絶え絶えに頼んだのに 

案の定、翌日、連れてきて 
なんか会うなりお互いに言葉が出ず
子どもたち、すぐにどこかに行っちゃったんです 

「あいつら、どこへ消えたんや?
ジュースでも買いに行ったんかな」と夫が言うので 

こんな姿のお母さんを見てショックを受けたんだよ! 
だから連れてこないでってあれほど言ったのに! 
◇◇くんならどう思う?

自分の母親がこんないっぱい管に繋がれてたらどう思う?! 
そこまで言っても 

「おれだったら見舞いに来たいし来て欲しいと思ったから
せっかく連れてきてやったんじゃないか、なんだ、その言い草は?」とまたいつもの逆ギレ発動。
 思いやりのなさ、鈍感さ?に怒りが収まりません

「そんな言うんだったら子どもたちを捜してみてごらんよ、
今頃どこかで泣いてると思うよ 
きっと、私の前で泣いたりしたくないから あわてて出ていったんだよ」

 なんや、それ、そんなはずあるか、もう大きいのに、←大きくなったからこそなんだよ・・・ 
夫はそう言って病室を出ていき 
「こいつら、ホンマに泣いてたわ」と連れ戻してきました

 わざわざ泣き顔のまま連れもどすな、そっとしとけ 
それか、自分父親なんやから、
何かいい言葉かけて安心させて、笑顔に戻してやれよ、 
ほんまにアホやな!

ぶん殴りたくなりました 

情けない 

こんな頼りにならん奴とよーやってこれたな、私

 こんな奴やから病気になってしもたんや、絶対そうや 
命に関わるって大変な時やのに、おちおち心安らかに寝てられへんくらいなんやから・・・

そのとき、ピコッ、ピコッ、っていう何かのモニタ画面を見ながら、
私、今、全然平常心やないよ、壊れてるんちゃうか
心のなかの
離婚したい!メーターが
危険領域に振りきれてるわ、と思っていました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ




↑↑ポチッと応援頂けると嬉しいです、励みにしています
ここでクリックせな、もうするところ多分ないと思う(ノ´▽`*)b☆

*続きます





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


応援よろしくお願いします

にほんブログ村 

その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ

村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
読んで頂きありがとうございます!

プロフィール

楓子

Author:楓子
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -